life and life

左片麻痺の日々を連々と

派手な転倒

多分半年振りかな、久しぶりに盛大にコケた。

近くにあったパーテーションに盛大に激突たから、皆んなが驚いた顔して心配してくれた。

今までは転んでも膝の擦り傷程度だったけど、今回は初めて切り傷ができた。

左まぶたの上の、ちょうどまつ毛の骨が出っ張ってる部分。パーテーションで切ったかな?

自然と痛みはない。半身麻痺による神経麻痺がこんな細かい所の痛覚まで侵食してたことに気がついて驚いた。

とりあえず前向きに行こう、なぜコケたか考える。

 

足がもつれたから

座る姿勢が悪く、足の血流が悪くなり、足の動き自体が鈍りつま先が上がらなかった。

老い

 

どれもありえる(笑)

 

明日はちょうどリハビリの日だしPTの先生に診てもらおう。

とりあえず、油断してサボり気味だった、寝る前と寝起きの足のストレッチをしっかりやろう。

 

 

広告を非表示にする

パーソナルカラー

f:id:kokono2122:20170420000722j:plain

で話題のパーソナルカラー診断を受けてきた。

個人的には昼春色タイプなんじゃないかなー。と思ってたが、まさしく春色タイプだった(笑)


もちろん春色にもたくさんの種類があり、その中から特に似合う"ベストカラー"を幾つか探っていくのだが、意外なことにベストカラーの一つがピンクだった。


そういう訳で、察しかアパレルショップでピンクのオックスフォードシャツを買ってきた。


パーソナルカラーとは単に似合う色という訳ではなく、肌が健康的に印象良く映える色だと教えてもらった。


常に自分の中にこの色たちを取り入れて、印象良い魅力ある人になっていきたいと思う。


個人的にミニマリストになりたい訳ではないが、ミニマリズムという考え方やライフスタイルは非常に興味があり、常に生活のどこかに取り入れている(食器を1人分だけにする等)


自分に合う最適な色を知ることによって服を買うときに無駄に迷う必要がなくなる、身につけるべき色味を統一できる、というのもミニマリズムに取り込めそうだ。


広告を非表示にする

蒲公英

f:id:kokono2122:20170418231911j:plain


昼休みの散歩をしてたらたんぽぽに出会った。


風に飛ばされるような柔らかさは感じなかったけど、季節はもう夏の入り口に入ったことを痛感した。


まだ4月なのに…

広告を非表示にする

カツ丼

f:id:kokono2122:20170416230035j:image

1年ぶり(同行した友人曰く)に地元のカツ丼屋でカツ丼を食べた。

久しぶりに食べる味は以前と変わらず、甘さが引き立つ出汁と、サクサクの衣と柔らかい豚肉のカツがふっくら半熟の卵を通じてちょうど良い硬さで炊かれた白米の上にどっしり構えており、一口一口が幸せを運ぶような気分で味わえた。

 

特別高いわけでも、滅多に行けないわけでもないが、こういう気に入ったお店は定番の味にしたくない。

 

だからまた長い期間をあけて足を運ぼうかな。

広告を非表示にする

愛板

f:id:kokono2122:20170412200942j:plain


iPad mini2からiPad Proに買い換えました。



iPadは初代iPad miniからずっとminiシリーズを愛用してました。


そして今回のラインナップ改変。miniシリーズはまさかの2の消滅。辛うじて最新の4が残ってるものの、容量が128GBのみとなり、miniシリーズそのものがラインナップから消えるのも時間の問題。


そこで今後のiPadの取り扱いに慣れるため、9.7インチモデルを買うことに。


初めは2017モデルのiPadを買うつもりだったがなったけど、価格差を考えて整備品のiPad Proの9.7インチモデルを買うことにした。容量は128GB


まだ届いたばかりでほとんど触ってないが、ディスプレイの質、タップの応答(主にIME周り)どれを取ってもmini2からの進化を感じられ満足である。


カラーはスペースグレイがよこったけど、在庫の関係でローズゴールドになった。ただ思った以上に黒いケースとの相性も良く、黒いケースから覗かせるピンクゴールドの部分が非常に色っぽい。

f:id:kokono2122:20170412233255j:plain

これはこれで満足である。

広告を非表示にする

視聴覚室

f:id:kokono2122:20170409230420j:plain

地元の図書館内の視聴覚室で、ライブラリーシネマという著作権フリーになった映画の上映会をしてるという事で、行ってみることにした。


今回はオードリーヘップバーン主演の「シャレード」という映画だった。

50年前の映画ということだったけど、ストーリー、演出、どれも素晴らしく、50年前の作品という古臭さと50年前という新しさを感じる映画だった。


図書館で映画を見るというのは新鮮な体験だったけど、映画館じゃなく図書館という場所だからこそ感じれることもあったと思う。


ライブラリーシネマは定期的に行なってるみたいだから、気になる作品があればまた行こうかな。


広告を非表示にする

従姉妹

f:id:kokono2122:20170409031524j:plain

以前がいつだったか思い出せない程久しぶりに従姉妹での集まりがあった。
数年ぶりの人もいたが、中には小学生以来という人もいた。
みんないい意味で変わってなくて安心したし、いい意味で変わってて驚いた。

相当楽しい席だったのか、気がついたら二次会含めて6時間ほど飲んでた。
ペースはゆっくり飲んでたから流石に量は少なかったが、それでも普段飲まない僕からしたら相当の量を飲んだせいか、気分が変に高揚してる(笑)

とりあえず最後に撮った集合写真がラインのグループに投稿されるのを楽しみにしつつ眠りにつこうと思う。

広告を非表示にする